遺産が転がり込んできた!?

個人(事業者ではなく)が税理士と関わりを持つとすれば、相続に関することが多いでしょう。
父母や祖父母が亡くなり、遺産として土地や建物、現金などを受け取る場合、財産の額によっては相続税を納めなければなりません。納付しなければならないのにほっとけば『脱税』になります。

ただ相続税と言われても、「この相続ではいくら税金を払わなければいけないのか?」や「相続人が複数いる場合に税金の額が変わったりするのか? またその額は?」などから、「相続税は払わなければならないがなるべく安くできないか」という疑問に素人はすぐに答えが出せません。
納付期限も決まっていますので、財産の価値判定〜相続税の算出、納付までのことを考えると、知識も手間もかかります。

相続税や贈与税に関する問題は、やはり税金のプロにお任せすることがスピーディに解決できるのではないでしょうか?

相続税・贈与税の申告や手続きに関する相談はこちらがおすすめ

対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ

税理士検索

関連サイト