HOME > 暦年課税とは

暦年課税とは

財産を受け取った人が1年間(1月1日〜12月31日まで)にもらった財産の合計額に加算されるのが『暦年課税』です。
まず合計額から基礎控除額の110万円を差し引きます。
続いて、残りの金額に税率を掛け算して税額を計算します。
(控除後の課税価格によっては再度控除額を差し引きます)

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% -
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,000万円超 50% 225万円

(平成25年4月1日現在法令による)

暦年課税の例
・贈与された財産の合計が400万円の場合
【基礎控除後の課税価格】400万円−110万円=290万円
【贈与税額の計算】290万円×15%−10万円=33.5万円

相続税・贈与税の申告や手続きに関する相談はこちらがおすすめ

対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ

税理士検索

関連サイト