HOME > 相続時精算課税とは

相続時精算課税とは

一定の要件に該当する場合には、相続時精算課税を選択することができます。
相続時精算課税とは、贈与時に贈与財産に対する贈与税を納めます。そして、その贈与者の死亡時に、その贈与財産の贈与時の価額と相続財産の価額を合計した金額を基に計算した『相続税額』から、すでに納めた『贈与税相当額』を控除することにより、贈与税・相続税を通じた納税を行うものです。

相続時精算課税は、65歳以上(※1)の父または母から20歳以上(※1)の子(子がなくなっている時は20歳以上(※1)の孫を含む)への贈与が対象です。
※1 各年齢は贈与の年の1月1日現在
贈与者ごとに1年間(1月1日から12月31日まで)に贈与を受けた財産の価額の合計金額から、通算で2500万円の特別控除額を控除した残額に対して贈与税がかかります。税率は一律20%です。
気をつける点は、暦年課税では基礎控除があり110万円以下の贈与なら申告は不要でしたが、相続時精算課税では少額の贈与でも申告が必要になります。

相続時精算課税は申告書の作成や提出等あり、またいったん選択すると贈与者(父または母)が亡くなるまで継続しその間暦年課税に変更できないので、どちらが節税になるかなどの判断も含め、税理士に相談・依頼することをおすすめします。

相続税・贈与税の申告や手続きに関する相談はこちらがおすすめ

対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ

税理士検索

関連サイト