HOME > 相続税とは?

相続税とは

相続税のしくみ

遺産などを受け取った際に、その財産の価値の合計額(*)が基礎控除額を超える場合にその超える部分に課税される税金を『相続税』といいます。
※合計額・・・債務などの金額は控除、相続開始前3年以内の贈与財産の価額を加算したもの

また相続税には納税期限があり、被相続人の死亡したことを知った日の翌日から10か月以内です。

相続税の基礎控除

平成27年1月1日以後の相続から、基礎控除が縮小されます。
【 現行 】5000万円+(1000万円×法定相続人の数)
【改正後】3000万円+(600万円×法定相続人の数)
基礎控除が6割に縮小されるため、申告が必要になる人が上昇すると考えられています。

例えば、相続人が妻と子ども2人の計3人の場合
基礎控除額
【 現行 】5000万円+(1000万円×3人)=8000万円
【改正後】3000万円+(600万円×3人)=4800万円
大都市圏で戸建の家などの財産がある場合、相続税の申告が必要になる可能性が改正後は高くなるということです。

相続税・贈与税の申告や手続きに関する相談はこちらがおすすめ

対応エリアから税理士を検索!相続税申告ナビ

税理士検索

関連サイト